フィールデザインはカーマーキング・カーラッピング・痛車製作・イベント用品などの製作販売、デザイン、施工を行っております。
illustrator
カラーモード設定

イラストレーターでのご入稿の場合は、ドキュメントのカラーモードは必ずCMYKカラーで制作してください。カラーモードがRGBの場合、仕上がりの色味が変化してしばう場合があり、RGBカラーをCMYKでは表現できない色があります。 当社ではCMYKカラーで印刷しますので、必ず「CMYKカラーモード」を選択してください。

アウトライン

使用されたフォントは、すべてアウトライン化してください。
フォントの情報が残ったままご入稿されると、お客様の意図しないフォントに置き換わって印刷されてしまいます。

フォント,置き換え

データサイズ

製作サイズは必ずご注文に応じた仕上がりサイズ(原寸)で作成してください。
当社にて拡大・縮小する場合は別途データ変更代を頂きます。

カットラインパス

カット加工が必要な場合は、レイヤーパレットに新規レイヤーを作成して、カットラインパスを作成してください。レイヤー名を「カット用パス」とし、パスはマゼンタなど分かりやすい色に設定してください。

切り分け加工が必要な場合も同じく、レイヤーパレットに新規レイヤーを作成して、「切り分けパス」とし、カット用パスとは別の色で設定してください。切り分けパスの一は塗り足しより3mmくらい外側に引いてください。


塗り足し

背景色は、仕上がり線よりも外にはみ出させるように、3mm以上大きく(塗り足しガイド線まで)作成してください。トリムマーク(外トンボ)まで背景のみ拡大していただくことで、塗り足しを確保できます。

塗り足しトンボ

トリムマークが無いデータでの印刷後のカットデータも塗り足しをお願いいたします。
カット時に多少のズレが発生する場合があります。塗り足しとはそのようなカットのズレから印刷物のデザインを守るために作成します。
塗り足しはカットラインの外側3mm以上はつけてください。

塗り足し,カットパス

文字切れにご注意ください

切れてはいけない文字やオブジェクトなどは、仕上がり線よりも3mm以上(文字切れガイドよりも)内側に配置してください。

文字切れガイド

配置画像と解像度

画像を配置する場合、リンクと埋込みの2通りの配置方法があります。
EPSで配置した場合はリンク画像が揃っていないとリンクできませんので画像を表示印刷することができないので、リンクしている画像ファイルをすべて入稿データフォルダに同封してください。

配置する画像の解像度は車用なら原寸で150ppi~250ppiが望ましいです。それ以下になるとブロックノイズが目立つようになり、それ以上になると容量過大になってしまいます。
WEB用なら72~96ppi、オフセット印刷なら350ppiになります。

弊社にて解像度を調節することはできませんので、お客様のお手元で修正していただきますようお願いいたします。

ライスタライズ効果設定

ラスタライズ効果とは、Illustratorのデータ上で、ベクトルデータではなくピクセル(画像)を生成する効果です。「ぼかし」「ドロップシャドウ」などの効果の解像度を設定します。この設定がスクリーン(72ppi)になっていると粗く印刷されます。
印刷データでは、「高解像度(300ppi)」を選択してください。

データ保存形式

データは印刷に対応したai形式で保存してください。
印刷に不要なレイヤーやオブジェクトは削除してください。
写真データは全て添付してください。

仕上がり見本を添付してください。

配置画像の抜け落ちなど、デザインが正しく表示されているか確認するため、jpg書き出した画像を同封して頂くかデータと一緒に添付してください。
ファイル名と同じネームにしていただければ、確認がスムーズです。
例:「見本.ai」→書き出し「見本.jpg」