フィールデザインはカーマーキング・カーラッピング・痛車製作・イベント用品などの製作販売、デザイン、施工を行っております。
カッティング,データ製作方法

カッティングステッカーとは

カッティングステッカーとは、カッティングシートという粘着フィルムをカッターで文字やデザインの形に切って、貼った時に文字やデザインのみが残るもので、切り文字ステッカーとも呼ばれています。
通常のステッカーは四角形や円形のベースシートの上にデザインを印刷して作りますが、カッティングステッカーは文字やデザインを切り抜く形で作成します。

カッティング画像1

データ保存形式

カッティングステッカーはカッティングプロッタという機械でデータのパスに沿ってカットしていきます。データはベクタ形式を保てるイラストレーター「ai」か「EPS」で保存してください。



パスの重なりに注意

カッティングステッカーのデータで注意していただきたいのが、下図のように見た目は外形通りにカットされそうですが、実はパスが重なっており、このままでは中まで切れてしまいます。
このように重なったパスは、パスの合体で1つのパスにしてください。

パスの重なり

フォントのアウトライン

使用されたフォントは、すべてアウトライン化してください。
フォントの情報が残ったままご入稿されると、お客様の意図しないフォントに置き換わって印刷されてしまいます。

代替フォント置き換え