フィールデザインはカーマーキング・カーラッピング・痛車製作・イベント用品などの製作販売、デザイン、施工を行っております。
フォトショップ

カラーモード設定

フォトショップでのご入稿の場合は、カラーモードは必ずCMYKカラーで制作してください。カラーモードがRGBの場合、仕上がりの色味が変化してしばう場合があり、RGBカラーをCMYKでは表現できない色があります。
当社ではCMYKカラーで印刷しますので、必ず「CMYKカラーモード」を選択してください。


データサイズ

製作サイズは必ずご注文に応じた仕上がりサイズ(原寸)で作成してください。
当社にて拡大・縮小する場合は別途データ変更代を頂きます。


カットラインパスと切り分けパスの制作

カット加工が必要な倍は、パスpレットに新規パスを作成して、カットラインパスと作成してください。
レイヤー名を「カット用パス」とします。


パスレイヤー
切り分け加工が必要な場合も同じく、
パスパレットに新規パスを作成して、「切り分けパス」とします。
切り分けパスの位置は塗り足しより3mmぐらい外側に引いてください。

塗り足しの作成

背景色は、仕上がり線よりも外にはみ出させるように、3mm以上大きく(塗り足しガイド線まで)作成してください。仕上がりサイズより上下左右に3mm大きくしていただくことで、塗り足しを確保できます。

塗り足し図形

印刷後のカットデータも塗り足しをお願い致します。カット時に多少のズレが発生する場合があります。塗り足しとはそのようなカットのズレから印刷物のデザインを守るために作成します。塗り足しはカットラインの外側3mm以上はつけてください。

塗り足し図形2

文字切れにご注意ください。

切れてはいけない文字やオブジェクトなどは、仕上がり線よりも3mm以上(文字切れガイドよりも)内側に配置してください。

文字切れ図形

解像度

フルカラー印刷に適した画像の解像度は車用の大型プリンター出力の場合は原寸で150ppi~250ppiです。(モノクロ印刷・特色1色刷りの場合は、600dpi推奨です)
WEB用なら72~96ppi、オフセット印刷なら350ppiになります。

弊社にて解像度を調節することはできませんので、お客様のお手元で修正していただきますようお願いいたします。


レイヤー統合

テキストレイヤーを含む、作業中に作成したすべてのレイヤーは、画像を統合して1枚の背景レイヤーにしてください。テキストレイヤーや非表示レイヤー等の不要なレイヤーを残しておくと、トラブルの原因となることがあります。


データ保存形式

データは印刷に対応したPSD形式で保存してください。
また保存した後に、データが破損していないか、最終のレイアウトで保存されているかデータを開いて確認してください。